「先天性サイトメガロウイルス感染症」ってなに?発生しやすい状況と症状

サイトメガロウイルスは、世界中のいたるところにいる、ありふれたウイルスです。

母乳、唾液や尿や血液を介して主に子供のうちに感染します。その他、性行為を介して感染するなどし、日本では成人女性の70%程度がすでに感染し、抗体(免疫)を持っています。

感染したときの症状はほとんどないか、風邪症状にとどまることが多く、サイトメガロウイルス感染と気づくことはまずありません。健康な子供や大人が感染しても全く問題ないのですが、妊婦さんが初めて感染した場合、妊婦さんにほとんど症状がなくても、赤ちゃんにまで感染がおよぶことがあります。

感染した赤ちゃんには、流産・死産、脳や聴力障がいなどを生じることがありますが、症状も障がいの重さも様々です。特に重要なのは進行性の難聴です。一方で、感染した赤ちゃんに何も症状がでないこともあります。また、出生時に症状がなくても、成長するにつれて症状が出る場合もあります。

何らかの症状がでる先天性サイトメガロウイルス感染症を発病するのは、感染した赤ちゃんの10 ~ 30%程です。

サイトメガロウイルス粒子(電顕写真)